• scroll
HOME体験メニュー栗原市伊豆沼遊覧船体験

栗原市伊豆沼遊覧船体験

東北最大の自然湖沼「伊豆沼」とは

伊豆沼は宮城県栗原市及び登米市にまたがる東北最大の自然湖沼です。369ヘクタール(東京ドーム4.7haの約78倍!)という広大な面積を誇ります。平均水深は0.76メートル、最大水深でも1.6メートルと浅いのが特徴です。

自然資源の宝庫としても有名で、広大な面積に様々な水生植物が群生し、また水鳥、魚類のオアシスとなっています。

夏は沼一面に蓮の花が咲き乱れ、その美しい光景は重要な観光資源になっています。ハスの花の時期は「伊豆沼はすまつり」が開催され、満開のハスの花の間を遊覧船で通ることができます。

冬は10万羽のマガンが飛来します。早朝や夕方に一斉に飛び立つ姿はまさに圧巻。マガンが一斉に飛び立つ羽音と鳴き声はその迫力から「日本の音風景100選」にも選ばれるほど。全国各地から野鳥愛好家、写真家が訪れます。

伊豆沼は1985年、国際的に重要な湿地を保全する「ラムサール条約」に登録されました。

伊豆沼遊覧船体験

毎年7月中旬から8月末にかけて、伊豆沼では「伊豆沼はすまつり」が開催されます。ハスの花が沼一面に咲き誇るその姿はまさに極楽浄土…。その美しさとスケールに圧倒されます。

期間中は小型遊覧船に乗って、咲き乱れるハスの花を間近に見ることができます。本体験では、この小型遊覧船に乗って伊豆沼をご堪能いただきます。

冬にはマガンの群れがやってきます

伊豆沼の冬はマガンの季節です。なんと日本に飛来するガンの8~9割が伊豆沼にやってきます。マガンの朝の飛び立ちと夕方のねぐら入りは絶景です!

アクセス

栗原市伊豆沼遊覧船体験 概要

体験内容
    小型遊覧船に乗って、ハスの花をはじめとする様々な水生植物を間近で楽しむ体験です。
会場 宮城県栗原市伊豆沼
期間 7月20日(土)から8月31日(土)まで
時間 午前8時から午後4時まで(天候により早めに終わることがあります)
対応人数 ご相談ください。
料金 お見積もりいたします。
備考 ハスの特徴として早朝に咲き昼には閉じる習性を持っているため、満開の花を見る為には午前中がおすすめです。

※クリックすると大きい画像が表示されます。

※写真は全てイメージです。



こちらに関するお問い合わせ

問合せ先株式会社LUKES【担当:植田 悠介】
電話番号03-3432-2250
E-maily.ueda@lukes-japan.com