• scroll
HOME体験メニュー若柳地織見学体験

若柳地織見学体験

「若柳地織」とは

「若柳地織」は、明治から大正にかけて栗原市若柳町を中心として盛んに製造された綿織物です。創業者は、現在の若柳地織織元「千葉孝機業場」の千葉孝順さんの祖父、千葉孝治さん。既に100年以上の歴史があります。千葉孝治さんは、元々絹織物が盛んだった若柳で唯一綿織物を作っていました。

創業当時は手織りで作られていた若柳地織は、1915年に「豊田式鉄製小幅動力織機(Y式)」を導入しました。「豊田式鉄製小幅動力織機(Y式)」は、トヨタグループの創始者である「豊田佐吉」が開発した自動織機です。部品もなく、メンテナンスも容易なことではないそうですが、現在もトヨタ自動車の協力を得ながら千葉孝順さんご自身でメンテナンスを繰り返し、現役稼働しています。

「若柳地織」は現在「宮城県知事指定伝統的工芸品」に指定されています。

若柳地織見学

宮城県栗原市にある「若柳地織」織元はたやの工房を見学します。

「豊田式鉄製小幅動力織機(Y式)」が動く小気味よい音を聞きながら、美しい織物が出来上がっていく姿を見ることができます。

また、工房には「若柳地織」を使った商品を購入することもできます。種類はシャツ、ネクタイ、メガネケース、小銭入れ、名刺入れ等色々な商品をご用意しております。Y式織機ならではの風合い・肌触りをお試しください。

アクセス

若柳地織見学体験 概要

体験内容
    若柳地織織元はたやの工房を見学します。
対応人数 ご相談ください。
料金 お見積もりいたします。

※クリックすると大きい画像が表示されます。

※写真は全てイメージです。



こちらに関するお問い合わせ

問合せ先株式会社LUKES【担当:植田 悠介】
電話番号03-3432-2250
E-maily.ueda@lukes-japan.com