「音楽を表現しよう!フェスティバル(ロシア語表記:Нарисуем музыку!!Фестиваль)」は下記内容にて、ロシア語圏限定で実施されるWEBイベントです。

尚、本イベントは今後英語圏、日本語圏と拡大させて頂く予定です。どうぞご期待ください。

♪「音楽を表現しようフェスティバル」 概要♪

 「音楽を表現しようフェスティバル」は、宮崎朋菜が演奏する小林銀河編曲の「さくら変奏曲」を聴いて、子ども達が音楽を聴いている時に思い浮かんだイメージを自由に描くという内容の、完全にボランティアベースで行なわれているプロジェクトです。絵を描く前に、子どもたちは「曲の説明」を受けることはありません。従って、その曲が「さくら変奏曲」であるということも、また、「さくら」とはそもそも何であるのかも、前もって知らされることはありません。

 宮崎朋菜を初めとするプロジェクトチームは、この実験的なプロジェクトを通して音楽というものは「聴く」だけではなくて、「観る」こともできることを、一方絵画は「観る」だけではなく、「聴く」こともできるのだということを子ども達に伝えようとしてきました。また、あらゆるステレオタイプ的な視点や枠組みを離れ、自分が感じていることをそのまま自由に表現することがとても気持ちの良い、楽しい作業であることも証明しようとしてきました。更に、自分以外の人が「感じていること」を、たとえそれが自分が「感じていること」と一致しなかったとしても、評価し、尊重することがとても大切なことであることを教えようとしてきました。

 そして、本イベントを通して世界中の子供たちが自由に表現することの楽しさを知って頂ければ幸いです。

♪「音楽を表現しようフェスティバル」 参加規約♪

  1. 「音楽を表現しようフェスティバル(以下、「当フェスティバル」という。)に参加するにあたり、年齢制限はございません。
  2. 当フェスティバルに参加するにあたり、国籍、居住場所(国、都市等)に関する制限はございません。
  3. 当フェスティバルには下記の作品は参加できません。
    • 『音楽を表現しよう!』祭の主旨にそぐわない作品
    • 他のWEBサイトのURLやロゴが表記されている作品
    • 同一参加者の複数作品(参加者お1人につき参加作品1枚のみ可)
    • 著しく道徳倫理・風紀を乱す様な作品
  4. 作品をお送りいただいた段階で、当フェスティバルの規約に反していないことを認めるとともに、下記の事項に同意したことを認めたこととなります。
    • 作品の著作権があなたに有り、著作権に関する問題が第三者との間で発生した場合は、それをご自分で解決なさること
    • 当フェスティバルのWEBサイトにあなたの作品を掲載・使用すること
    • 当フェスティバルの告知・宣伝のためにあなたの作品を掲載・使用すること
    • 当フェスティバルで制作する動画にあなたの作品を掲載・使用すること
  5. 当フェスティバルに参加するためには、株式会社LUKESが運営するYouTubeチャンネル「LUKES CHANNEL(https://www.youtube.com/channel/UCF9ox0Mg4IadXkdbfZF9lCg)」へのチャンネル登録が必要です。

♪「音楽を表現しようフェスティバル」 参加方法♪

1. 参加方法

  1. 音楽を表現しようフェスティバル(以下、「当フェスティバル」という。)参加規約を読んでください。
  2. 下記YouTubeチャンネルから流れる音楽をしっかり聴いてください。
    URL:https://www.youtube.com/watch?v=fzYpjMdXnlQ
  3. 音楽を聴いている時にイメージしたことを、自由自在に紙もしくはパソコンで描いてください。
  4. 描いた作品を写真に撮るか、スキャナーで取り込んでください。(※パソコン上で絵を描いた場合はこの作業は不要です。)
    【ご注意】保存形式:jpg / jpeg / png / gif / pdf
  5. 上記「4」で撮影もしくは取り込んだ作品を下記WEBフォームから送信してください。
    URL: https://www.lukes-japan.com/music_fes/#form
    送れる作品のデータサイズは「6MB」までです。
  6. ⑥ WEBフォームから自動返信にて送信完了メールが届けば、参加は完了となります。

2.スケジュール

2021/5/12(水)~6/25(金)  作品応募期間(2週間程度)
7/4(日) 結果発表
結果発表の模様をYoutubeにてライブ配信いたします。

3. 入賞作品について

審査員及び一般投票による厳正な審査の結果、1位から3位までに選ばれた方には、記念品を進呈致します。

また、その他入賞(20名程度)された皆様の絵を集めた映像作品を作成予定です。

TOP